Skip to content

フコイダンのお茶ヤクルトの「爽涼健茶」

近頃よく聞くようになったと思いませんか?「フコイダン」という言葉を。
なんとなく聞いたことがあるという人が多いと思います。
中でもフコイダンについて知っている人は、既にフコイダンのサプリメントなどを使用している人でしょう。
フコイダンを使用した、健康食品やサプリメント、また化粧品やシャンプーなども販売されています。
今やフコイダンは、万能は成分として、認められているのです。

それでは、一体フコイダンというのは、何者なのか?と思う人もいるでしょう。
これだけの製品に使用されているのですから、気になりますよね。
フコイダンというのは、生理活性作用という働きをするので、ガンの抑制にもつながると言われています。
医学の世界でも注目を集めている成分なのです。フコイダンの研究を進めていくことで、抗がん剤のような働きをしてくれるのでは?と期待されています。

さて、フコイダンの事を簡単に説明すると、海藻には、滑りがありますよね?
そのヌルヌルしているものに含まれる成分が、フコイダンになります。
1913年にスウェーデンの大学教授である「H. Z. Kylin」という人が、昆布やわかめなどの褐藻類の粘質物から発見をしたことが始まりです。
ヒバマタというモズクがありますが、そのヒバマタ属の学名である「genus Fucus」という名にちなんで、フコイダンと呼ばれています。
フコイダンの主要構成成分というのは、「フコース」「硫酸基」を含有する多糖類という植物繊維になります。

最近は様々なメディアなどで、フコイダンが取り上げられるようになりました。
その結果、フコイダンの事を認知する人が増えてきました。
しかしフコイダンが注目され始めたのは、およそ10年ほど前くらいからになります。
それまでは、あまり知られていない成分でした。
フコイダンは、既に100年前には発見されていたのですが、90年近くもかかって、やっと体内に吸収されると健康に繋がるという事が分ってきたのです。
研究がどんどん進めば、もっと有効な使い道や利用法が出てくるでしょう。
今後も期待できる成分ですね。