Skip to content

運動時に効果的な水の飲み方

天然水には、硬水と軟水がありますが、硬水にはマグネシウムとカルシウムがバランス良く含まれているため、運動をするときは硬水が適しているそうです。
運動後に飲むのが最もベストです。
しかし、一気にたくさん飲むのはおすすめできません。
お腹がゆるくなりますので、調節しながら飲むように心がけましょう。
ふだん私たち日本人が口にしているのは軟水です。
水道水も軟水です。
状況によって硬水を少しずつ体に補給すれば、栄養補給が効率良く行えます。

※硬水を運動後に摂取するとどのような効果が期待できるのでしょうか?
硬水はマグネシウムとカルシウムをバランス良く含んでいますから、運動時によくある筋肉のけいれんや足のつりなどを避けることができるのです。
しかし、ふだん飲み慣れていない硬水を一気にたくさん飲むとお腹が驚きますので、運動後は少しずつ飲むようにしてください。

※天然水の硬水と軟水はどちらが体に良いのでしょうか?
それぞれに良さがあるため、一概にどちらが良いとは言えません。

こちらのサイトなどを参考にそれぞれの水を使い分けることが大切なのです。
わかりやすく例えると、ミネラル分が少ない軟水では、紅茶やコーヒー本来の味を引き立ててくれます。
料理を作る際の素材やダシも軟水が適しています。
硬水は、さきほども述べましたとおり、運動後に摂取するのが適しています。
飲むタイミングや摂取する量を考えなければいけませんが、手軽にミネラル分を摂ることができます。
バナナやレモン、梅干といっしょに摂取することで、硬水の良さを実感できるでしょう。