Skip to content

季節や天気で発電量は変わる?

太陽光発電の発電量は、季節や天気の影響を受けるものなのでしょうか。
太陽の自然光が、屋上や屋根に設置したモジュールにあたることで発電するシステムですから、天気は晴れていた方がいいはずですが、実際には少し違うようです。

モジュールに中にはシリコンの素材があり、日光で熱が高くなると発電効率が上がらなくなる性質を持っています。
このことから、必ずしも晴天に恵まれた方がいいわけではないことが分かるでしょう。
発電効率を向上させるために、多くのメーカーが開発に取り組んでいますが、現在はまだシリコンがメジャーな素材です。

曇りや雨のときはお日さまが隠れてしまうので全く発電しないと思われがちですが、少なくても自然光は降り注いでいますので、太陽光発電で作った電力を利用できます。
天気が悪い日は、電力会社から全て買電しなればならないと思われがちですが、そのようなことはありません。

太陽光発電は高い気温や太陽の光にあたったことでの熱により、発電効率が落ちる性質を持っています。
夏等の暑い季節は太陽がギラギラと照りつけているので、発電効率が高そうなイメージがあります。
しかし、気温が上昇しているので、あまり効率よく発電しないのです。

夏と冬の発電量を比較してみると、冬は日照時間が少ないのですが気温が上がり過ぎないので、実際にはほとんど同じです。
地域によって冬に乾燥しやすくなるところがありますが、太陽光は乾いた空気ほど通しやすいことが分かっており、高い発電量が期待できます。