Skip to content

汗をかく重要性

汗は体温調節など、体にとって重要な働きをしており、私達には必要不可欠な機能です。
しかし電化製品の高い普及率と機能性も相まって、エアコンで年中簡単に部屋の温度が調整できるので、汗をかくことがなくなってきています。
意外ですが、このような状況が手汗の疾患に関わっているのではないか言われています。
それは何故かと言うと、手汗を発症する理由として交感神経が過剰に作用して正常に働かなくなることが考えられていますが、夏にクーラーをかけて室内の温度をどんどん下げ、外の気温と大きな差が生じることで、自律神経の働きが異常になることがあるからです。
クーラーのきいた部屋にいると頭が痛くなったり体が重く感じたりといった不調を感じたことがある人は多いと思いますが、
それも自律神経が正常に働かなくなっているからなのです。
前述したとおり、手汗の疾患と自律神経の乱れは密接な関わりがあるので、室内と外の気温の違いが激しく自律神経の働きが乱れれば、手汗の病状も悪くなりやすいでしょう。
確かに汗をかくことは不快ですが、このような自律神経の乱れを防止する為にも季節に応じて夏の暑い時期は汗をかくという自然な行為が大切です。
それでも勤務先の室内でクーラーがかかっているという場合は、長袖の上着を羽織ったり膝掛けをして体を冷やしすぎないように注意しましょう。そして自分の家に帰ったらクーラーの温度を高めにして、無理のない範囲で冷えを予防します。
それでも汗をかきにくい体質の人や汗をかくことがほとんどないという人は、普段の生活の中で運動をして汗をかくといいと思います。
運動して汗をかくことは、手汗の為にはもちろん健康の為にも非常によいことですから、普段から軽い運動を心掛けて汗をかくことに体を慣れさせていくことをおすすめします。